📖 新着 キーワードツール

Pandora2・201.png  

キーワードツールの決定版!Pandora2「買い切り版」
1日1000万円売り上げ、売れすぎて販売中止となった禁断キーワードツール「Pandora」のバージョアップ版

お宝キーワード探査ツールプラチナキーワードシーカーは、お宝キーワードを簡単に探索できるキーワードツール。トレンドキーワードやライバルの少ない関連キーワードをお手軽に取得できます。再販売権利は付いていませんが高機能キーワードツールをおトクな価格で!
トレンドキーワードを最大限に活かすお宝キーワード探査ツールはプラチナキーワードシーカーだけ


Pandora2(パンドラ2)買い切り版は広まり過ぎると危険なキーワードツール


キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版

本日は、Catch the Web Asiaの横山直広さんから、
メッセージを受け取りましたので、
コチラからご覧ください。

メッセージここから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読者さんこんにちは、
Catch the Web Asiaの横山直広です。
やばいツールの販売を開始しています。

やばいツールとは
強力すぎて販売が終了になった
Pandoraという禁断ツールの後継ツールです。

その名も「Pandora2」

Pandoraのことを知らない人も
本当にやばいツールなので
是非一度ご覧になって下さい。

Pandora2・728.png
公式サイトはこちらから

何故、「Pandora2」がヤバイのか?

・PPCアフィリエイトで稼げる商品&キーワードを探すことが出来るから
・SEOのアフィリエイトでも稼げる商品&キーワードを探すことが出来るから
・自分のリスティング広告で稼げるキーワードを探すことが出来るから
・インターネットで儲かっている商品&キーワードを知ることが出来るから
・クリック一つでライバル皆無の「お宝キーワード」をザクザク発掘出来るから
・キャッシングや脱毛といった激選ジャンルでも稼げるキーワードを発見出来るから
・オートマチックで関連キーワードから稼げるキーワードを搾り取れるから
・面倒なSEO無しでも報酬が自然発生するキーワードを探し当てることが出来る
・最小限の労力で最大の報酬を生み出すことができるから
・トップクラスのアフィリエイターのキーワード戦略をツール化しているから
・intitle、allintitle、PR平均、被リンク数の平均などを一括取得することが出来るから
・キーワードトップ10のライバルサイトを丸裸にすることが出来るから
・即効で上位表示出来るキーワードを瞬時に発見することが出来るから
・必死に探していたキーワード拍子抜けするほどアッサリと発見することが出来るから
・初心者だけでなく上級者も活用出来るツールだから
・キーワード選定とPPC広告リサーチを半永久的に自動化出来るから
・キーワード選定の最適機能を持っているから
・シンプルな使い方で瞬時にライバルサイト数を一括で把握出来るから

このような感じです。

Pandora2・横山直広.PNG
Catch the Web Asiaの横山直広
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メッセージここまで

このキーワード発掘ツールを実際に使ってみるとホントにヤバイのが分かります。

あまり広まり過ぎると危険なので販売中止の可能性もあるそうです。
今すぐ確認することをおすすめします。
(Catch the Web Asia Sdn Bhdさんのメールより)


キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版
公式サイトはこちらから


Pandora2(パンドラ2)買い切り版は広まり過ぎると危険なキーワードツール


キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版 詳細

Pandora2(パンドラ2)買い切り版は稼げるキーワードと商品が分かる

キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版

アナタはインターネットで稼いでいる人が
どんな情報を入手しているかご存じでしょうか。
もし、稼いでいる人と同じ情報が手に入れば
同じように稼げてしまうと思いませんか?
では、最も重要な情報は何だと思いますか?

それは「キーワード」です。

よく考えてみてください。
検索エンジンのGoogleは今や月間5億回以上利用され
実に30億件以上のキーワードが検索されています。
日本人の全員が月に5回は使っている計算になります。

「インターネットは使ってるけど検索をしたことがない」
と、言う人はいないと思います。
ほぼ全てのインターネット利用者が
検索エンジンに何かしらの「キーワード」を打ち込んでいます。

その打ち込まれている全ての「キーワード」の中から

・よく検索されているキーワード
・競合の少ない(多い)キーワード
・高い金額で落札されてるキーワード
・誰も落札していないキーワード
・高い商品が成約されているキーワード
・商品がよく売れているキーワード

といったような情報を丸裸に出来てしまうとしたら
そこから無数のビジネスチャンスが見付かってしまうのは想像に難しくないと思います。

まさにそれを可能にしたのが「Pandora2(パンドラ2)」です。
詳細はコチラ

Pandora2・201.png
公式サイトはこちらから

Pandora2(パンドラ2)を使えば上記のようなキーワードは
いとも簡単に抽出することが出来てしまいます。

そう言う話を聞いても

「自分はPPCなんてやってないしキーワードは関係ない」
「キーワードが分かってもどう稼いでいいのか分からない」
「キーワードだけじゃビジネスにならない」

何て思ってしまう人もいるかもしれません。
しかしそれは完全な誤解です。

「稼げるキーワード」が分かると言う事は
「稼げる商品」も分かると言う事です。

そしてコレが分かればどんな人でも稼ぐことが出来ます。

アナタがもしこれからインターネットで稼いでみたいと言う初心者であっても・・
稼げるキーワードと稼げる商品が分かれば
後は実際に商品を売る仕組みを構築するだけで
トップアフィリエイター同様に稼ぐことが出来ます

Pandora2・19お宝キーワード発見機能.PNG

アナタがPPCアフィリエイターであれば・・
ライバルがリアルタイムで稼いでいるPPCアフィリエイトで
稼ぎやすいキーワードと稼げている商品の両方を知ることが出来ます。

アナタがサイトアフィリエイターであれば・・
SEOで稼ぎやすい商品とライバル不在で
簡単に上位表示が可能なお宝キーワードをザクザク発見出来ます。

アナタがトレンドアフィリエイターであれば・・
これから流行するキーワードとそこから成約しやすい商品が分かります。

アナタがリスティング運用者であれば・・
ライバルが稼げているキーワードと
ライバルの商品や広告内容の全てが分かります。

と言った具合にどんな状況の人でもビジネスチャンスをつかむことが出来ます。

検索エンジンというのはそれほどまでに巨大な市場であり、
ほぼ全ての人のニーズが内包されていると言っても過言ではありません。

「キーワード」が分かると言う事に
一体どれほどの価値があるのか分かって頂けたでしょうか。

恐らくどんなビジネスをされている方でも
「Pandora2(パンドラ2)」が役に立たない
何てことはありえないと思っています。

仮に今は想像がつかないと言う方でも一度触ってみて頂きさえすれば
その価値に納得して頂けるはずです。
(Catch the Web Asia Sdn Bhdさんのメールより)

キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版
公式サイトはこちらから


発行者:Catch the Web Asia Sdn Bhd

キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版 詳細

Pandora2「買い切り版」キーワード発掘ツールのPPC広告サーチ機能は驚異的


キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版

もし、稼げているビジネスモデルをカンニングして丸写しすることが出来るとしたら
同じように稼げるようになると思いませんか?

今回はそれを可能にしてしまった
Pandora2(パンドラ2)と言うキーワード発掘ツールの
機能の一部について解説をしていきます。

Pandora2で最も驚異的とも言える禁断機能は
PPC広告サーチ」機能です。

これはPPC広告(リスティング広告)に出稿されている他社の広告のURLから、
その商品がどんなキーワードで出稿しているかを
「逆引き」することが出来ます




PPC広告(リスティング広告)に詳しくない方の為に補足をすると、
PPC広告というのは検索結果の上位に表示される広告のことで
この広告は入札制となっています。

当然、「ダイエット」「転職」「脱毛」といったような
ビッグキーワードと呼ばれる人気のキーワードになると競合がひしめき合い
1クリック数百円から千円以上といった単価が付くことも珍しくはありません。

しかし実際にはビッグキーワードだけでは広告費も高くついてしまい、
ボリュームもそこまで集められないと言うのが現実です。

そこでPPC広告の運用者が何をするかというと
複数のキーワードや関連するキーワードで入札を行い
より安く買えるキーワードを幅広く狙っていきます。

自社と同じキーワードを入札してくる競合がいなければ
1クリック数円といった最低単価でアクセスを
無尽蔵に引っ張ってくることが出来ます。

一つの商品に対して300件以上のキーワードで
入札を行っていると言う事も珍しくありません。

そして特定のキーワードで効果が合わなければ入札をヤメ
又、新しいキーワードを探して入札をする、
といった試行錯誤を繰り返していきます。

つまり、どんなキーワード群で出稿をしているか?
というのはPPC広告の運用者からすると
試行錯誤の結果、蓄積し続けてきた
絶対に知られたくない資産のかたまりとなっています。

その絶対に知られたくない資産であるキーワードを
一瞬にして丸裸
にしてしまうのがこのPandora2(パンドラ2)です。
このように丸裸になってしまいます。

URLから出稿キーワードを丸裸に!

もしライバルのPPC広告運用担当者がコレを見たら
一瞬にして顔が真っ青になってしまうはずです。

何故こんなことが可能なのか、と言えば
それはPandora2が広告情報だけを集めた
宝の山であるデータベースを保有しているからです。

過去にPandoraの全使用者によって検索された全ての広告情報が
このデータベースに蓄積
されています。
そのデータベースがあるからこそ
こんなありえない逆引きが可能になっています。

ツールはあくまでも宝の山へアクセスする為のリモコンのようなものです。

開発費1,000万円以上をかけて作られたという
Pandora2の恐るべき禁断の機能です。

後にも先にもキーワードツールで
Pandora2以上のものが存在しないと言う事は想像が出来るかと思います。

アナタはただPandora2を起動して
ライバルの広告URLを打ち込むだけで
一瞬にして稼げるキーワードを全て入手
出来てしまいます。

むしろ「Pandora2(パンドラ2)」を持っていないと
稼げなくなってしまう可能性が高いと言う事です。
この価値が理解出来たら今すぐキーワード発掘ツールを入手してください。
(Catch the Web Asia Sdn Bhdさんのメールより)


公式サイトはこちらから
Pandora2・728.png

キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版
公式サイトはこちらから


Pandora2「買い切り版」キーワード発掘ツールのPPC広告サーチ機能は驚異的


キーワードツールの決定版!Pandora2 買い切り版 まとめ